「やさしく学ぶ正信偈」七高僧編 4回~8回の日程のご案内

龍谷大学教授の玉木興慈先生をお招きして、2021年度より開講しております、備龍会主催連続講座「やさしく学ぶ正信偈 七高僧編」の第4回以降の日程が決定いたしました。講座は前年度に引き続き、会場を3つ(備後教堂・御調東組浄泉寺様・世羅組正満寺様)に分け、各会場にスクリーンを設け、先生には大学より生配信をして頂きます。どこの会場でも受講できますので、ご都合の良い会場にお越しください。申し込み・予約等はいりません。七高僧の方々が現代まで伝えてくださったみ教えを共に学ばせて頂きましょう!

心よりお待ちしております。

●YouTube等での配信は行いません。会場でのご受講のみとなりますことをご了承くださいませ。

日時

第4回】
2022年5月25日(水)
道綽禅師を讃える文「唯明浄土可通入」を中心に

【第5回】
2022年7月4日(月)
善導大師を讃える文「善導独明仏正意」を中心に

【第6回】
2022年10月4日(火)

源信僧都を讃える文「報化二土正弁立」を中心に

【第7回】
2022年11月21日(月)

源空聖人を讃える文「選択本願弘悪世」を中心に

【第8回】
2022年12月19日(月)

親鸞聖人に学ぶ私の「正信偈」、「道俗時衆共同心」を中心に

●時間は各回全て13時半~16時(受付13時~)の開講です。 

会場

・福山 備後教堂
・尾道 浄泉寺
・世羅 正満寺

参加費

各回1000円

講師

龍谷大学教授 玉木 興慈 師
1969年大阪府に生まれる
現在、龍谷大学教授 文学部長
著書は『歎異抄のことば』(本願寺出版社、2015年)
現在、本願寺月刊『大乗』に「和のこころ」―親鸞聖人のご和讃―を連載中

「やさしく学ぶ正信偈 七高僧編」 第3回を開講致しました!

3月4日に「やさしく学ぶ正信偈 七高僧編」の第3回目の講座を開講致しました。ご講師の龍谷大学教授 玉木興慈先生には大阪のご自宅からライブ配信をしていただき、その映像を備後教堂、御調東組浄泉寺様、世羅組正満寺様の3会場に設けたスクリーンに映す形で進行致しました。

備後教堂
御調東組浄泉寺
世羅組正満寺

第3回目の講座では曇鸞大師を讃える文「往還回向由他力」を中心にご講義を賜りました。

曇鸞大師は七高僧の中で最初に「他力」という言葉を使われ、私たちが理解できるように他力の教えを明らかにしてくださいました。その教えは正信偈に「報土因果顕誓願 往還回向由他力 正定之因唯信心」と説かれています。

文中にあります「因果」とは原因(因)があって結果(果)が生じるという道理であり、例えば一生懸命勉強したからテストで良い点が取れた(善因善果)、また逆に勉強を怠ったから悪い点を取った(悪因悪果)といった考えです。この二つをまとめると自業自得・・・自らの行いが自らに帰って来るという考えとなります。

仏教はこの因果の道理を説く教えです。そして、浄土真宗も仏教ですから、因果の道理に則った教えであります。しかし、こと「浄土に生まれ、仏様になる」ということに関して、自業自得の論理で考えると、それは阿弥陀様のお心からずれていくことになります。

曇鸞大師が明らかにされた他力とは阿弥陀様の「必ず救う、我にまかせよ」という本願の誓いにこの身をまかせる教えであります。ですので、浄土往生の因果には私たち自身の力や行いが入り込むことはありません。私たちを浄土往生させるはたらき(因)も、私たちが浄土往生するという結果(果)も、全てが阿弥陀様のお力によるものなのです。

阿弥陀様はそのお力を「南無阿弥陀仏」と今まさにお届けくださっています。私たちはそれをいただく「信心」ばかり、つまり信心ただ一つで仏果が定まると言うのが「正定之因唯信心」のお心でありました。南無阿弥陀仏。

新型コロナウイルスの影響により、半月ほど延期しての開講となりましたが、当日は多くのご参加を賜りました。玉木先生におかれましても大変貴重なご講義を賜り、誠にありがとうございました。備龍会会員一同、深く御礼申し上げます。

次回の講座は【道綽禅師を讃える文「唯明浄土可通入」を中心に】と題しまして、5月25日(水)に同3会場にて、同じ講義形式で開催いたします。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

第3回 やさしく学ぶ正信偈【七高僧編】開催のお知らせ

3月4日(金)の「やさしく学ぶ正信偈 七高僧編」の開講が近づいてまいりました。当日は2月16日(水)に予定しておりました第3回目の講義を振り替える形で開講いたします。第3回は曇鸞大師を讃える文「往還回向由他力」を中心に御講義いただきます。是非ご参加ください!

 

第3回 やさしく学ぶ正信偈【七高僧編】開催延期のお知らせ

令和4年2月16日(水)に予定しておりました、やさしく学ぶ正信偈【七高僧編】の第3回目講座を新型コロナウイルスの急激な感染拡大状況を鑑みて、以下の通りに延期することにいたしました。

ご予定くださっていた皆様には、急なご案内となり申し訳ございません。今後ともご参加の程よろしくお願い申しあげます。

合掌

変更内容

第3回 やさしく学ぶ正信偈【七高僧編】

2月16日(水)→ 3月4日(金)

 

※感染減少への兆しが見られない場合は、3 月の講座も延期となる可能性があります。その場合にはまた改めてご案内いたします。

 

「やさしく学ぶ正信偈 七高僧編」 第2回を開講致しました!

12月22日に「やさしく学ぶ正信偈 七高僧編」の第2回目の講座を開講致しました。第1回目と同じく、ご講師の龍谷大学教授 玉木興慈先生には京都の研究室からライブ配信をしていただき、その映像を備後教堂、御調東組浄泉寺様、世羅組正満寺様の3会場に設けたスクリーンに映す形で進行致しました。

第2回目の講座では天親菩薩を讃える文「為度群生彰一心」を中心にご講義を賜りました。玉木先生の先生が病を患われた時のお話なども交えてくださりながら、天親菩薩が示された一心という教えを中心にご講義くださいました。最後には備龍会員からの質問コーナーも設けられました。オンラインでありながらも会場を超えて共にご縁にであえていることを感じられる講座でした。

師走の忙しい時期でありましたが、今回も多くのご参加を賜りました。玉木先生におかれましても前回に引き続き、大変貴重なご講義を賜り、誠にありがとうございました。備龍会会員一同、深く御礼申し上げます。

次回の講座は【曇鸞大師を讃える文「往還回向由他力」を中心に】と題しまして、2022年2月16日(水)に同3会場にて開講致します。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

「やさしく学ぶ正信偈 七高僧編」 第1回を開講致しました!

11月2日に「やさしく学ぶ正信偈 七高僧編」の第1回目の講座を開講致しました。ご講師の龍谷大学教授 玉木興慈先生にはご自身の研究室からライブ配信をしていただき、その映像を備後教堂、御調東組浄泉寺様、世羅組正満寺様の3つの会場に設けたスクリーンに映す形で進行致しました。この新時代の講義形式のおかげで京都におられる先生のご講義を備後にいる私たちがリアルタイムで、それも複数の会場で同時に受講することが出来ました。

備後教堂
御調東組浄泉寺
世羅組正満寺

第1回目の講座では龍樹菩薩を讃える文「信楽易行水道楽」を中心にご講義を賜りました。第1回目ということもあり、まずは七高僧とはどのような方々なのか?という解説をいただき、その上で「正信偈」の中から龍樹菩薩を讃えられた箇所を取り上げ、龍樹菩薩が明らかにされたみ教えについて学ばせていただきました。

その中で特に印象に残ったのは「浄土真宗のお坊さんは「難易二道」をどのように受け止め、人に伝えていくのか?」という問い掛けでした。

龍樹菩薩は自分の力によって覚りを得ようとする仏道は「陸路を歩いて進むかの様に苦しくて難しい道(難行道)」であり、対して阿弥陀様に全てをお任せするお念仏の仏道は「大きな船に乗せていただいて、水路を進むかの様に楽しくて易しい道(易行道)」であると仰いました。浄土真宗はこの易行道を歩ませていただく仏教でございます。

しかし、その仏道を歩む中で人からこのような指摘を受けたなら、皆様はどう答えますか?

「浄土真宗は難しい道から逃げて、楽をしているだけなのでは?」

玉木先生は仰いました。「この指摘を受けた時、痛いところを突かれたと感じて、目を背けるのは良くないことです」と。なぜなら私たちにとっての難行道とは“頑張れば出来る”という道ではないからです。頑張れば出来ることをやらなかったのであれば、それは逃げたと言われても仕方のないことでしょう。けれども、私たちには難行道を成し遂げて覚りを得られるような能力は備わっていません。難行道から易行道に逃げたのではなく、そもそも私たちが救われる道は易行道しかないのです。

そんな私たちが、今まさに易しいお念仏の道を歩ませていただいていることを、またその道を龍樹菩薩が明らかにしてくださったことを、自信をもって「ありがたいことです」とよろこばせていただきましょう。南無阿弥陀仏。

当日は新たな講義形式でございましたが、3会場共に多くのご参加を賜りました。また玉木先生におかれましても、ご多忙のところ大変貴重なご講義を賜り、誠にありがとうございました。備龍会会員一同深く御礼申し上げます。

次回の講座は【天親菩薩を讃える文「為度群生彰一心」を中心に】と題しまして、12月22日(水)に同3会場にて、同じ講義形式で開講致します。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

本願寺新報 令和3年10月20日号に”みのりせんべい”の記事が掲載されました。

おかげさまで、早速沢山の新規ご注文を頂いております!

新色が加わって、より一層華やかになった”みのりせんべい”

この機会に初めてご購入される方も、日頃よりご愛顧いただいている方も、是非今年の報恩講は【金色】【青色】【桃色】の三色の”みのりせんべい”でお荘厳をしてみてください。

 

”みのりせんべい”の詳細、ご注文はこちらのページから↓

みのりせんべい詳細&注文フォーム

※現在ご好評につき注文が増えております。発送までにお時間がかかる場合もございますことをご了承くださいませ。

「やさしく学ぶ正信偈」七高僧編

龍谷大学教授の玉木興慈先生をお招きして、平成29年より開講しております、備龍会主催連続講座「やさしく学ぶ〇〇」。今年度からは「やさしく学ぶ正信偈 七高僧編(2年間で全8回)」と題し、11月2日(火)より開講いたします。従来は先生に備後教堂に来ていただいての対面講義でした。しかし今回からは感染症対策や受講のし易さを考慮し、会場を3つ(備後教堂・御調東組浄泉寺様・世羅組正満寺様)に分け、各会場にスクリーンを設け、先生には大学より生配信をして頂くという、新時代の講義形式で行います!どこの会場でも受講できますので、ご都合の良い会場にお越しください。申し込み・予約等はいりません。時代や国を越えて伝わって来たお念仏のみ教えを共に学ばせていただきましょう♪

心よりお待ちしております。

●YouTube等での配信は行いません。会場でのご受講のみとなりますことをご了承くださいませ。

日時

第1回】
2021年11月2日(火)
龍樹菩薩を讃える文「信楽易行水道楽」を中心に

【第2回】
2021年12月22日(水)
天親菩薩を讃える文「為度群生彰一心」を中心に

【第3回】
2022年2月16日(水)

曇鸞大師を讃える文「往還回向由他力」を中心に

【第4回】
2022年3月4日(金)

道綽禅師を讃える文「唯明浄土可通入」を中心に

●時間は各回全て13時半~16時(受付13時~)より開講です。 

会場

・福山 備後教堂
・尾道 浄泉寺
・世羅 正満寺

参加費

各回1000円

講師

龍谷大学教授 玉木 興慈 師
1969年大阪府に生まれる
現在、龍谷大学教授 文学部長
著書は『歎異抄のことば』(本願寺出版社、2015年)
現在、本願寺月刊『大乗』に「和のこころ」―親鸞聖人のご和讃―を連載中

“みのりせんべい”について取材を受けました!

9月1日より従来の【金色】パッケージに加え、新色【青色】【桃色】が登場し、改めて注目を浴びております”みのりせんべい”

新色発売日の9月1日にFMふくやまさんの取材を受けました。「みどりのオアシス」という番組の<それゆけ!レ・ビン号☆パートⅠ>というコーナーでご紹介していただきました。

レ・ビン号です↓こちらの「レ・ビン号」で現場に突撃取材するコーナーです。レッツゴービンゴなのか、レ・ミゼラブル的な「レ」なのか、憶測は飛び交いましたが車には「レディオBINGO」とありました!

取材を受けたのは備龍会前会長、山下瑞円氏。

以前、同じくFMふくやまの「お坊さんステーション」というコーナーにて、前会長が”みのりせんべい”の紹介をしたことをご縁に今回の取材につながりました。

”みのりせんべい”の歴史や、込められた思い。製造元への思い。真心こめて作られている”みのりせんべい”について、真心こめてお話されていました。

(余談)最近はスマホで生放送の取材ができるんですね!

今後も”みのりせんべい”を通して、仏様のお法(みのり)が伝わっていきますよう、会員一同精進してまいります。


”みのりせんべい”の詳細、ご注文はこちらのページから↓

みのりせんべい詳細&注文フォーム

そしてそして、その時のラジオの音源ございます。是非一度お聞きください↓

備龍会 2021.9.10

2021(令和3)年度 備龍会総会

6月23日(水)に備龍会総会を開催しました。今回も、Zoomを用いたWeb会議を導入し、教堂に27名、Zoomからは6名の会員が参加をしました。

会長挨拶

総会は、重誓偈のお勤めから始まり、会長挨拶の後、議題(9項目)についての審議に入りました。

総会資料

まず行事報告では、予定していた行事の半分以上が中止になったことが報告され、今回もコロナウィルスの影響を大きく受けた年度報告となりました。しかし、そのような中、オンラインによる仏教教養講座「withコロナの仏教談義」が無事成功したことは、大きな成果でもありました。また、重要議題である行事計画(案)と2021年(令和3)年度予算(案)については、案通りに可決され、行使されることに決定をいたしました。

続いて、各専門部(研修部、交流活動推進部、広報部、野球部、みのりせんべい会計、災害対策、浄土真宗青年僧侶連絡協議会)からの報告がありました。特に広報部からは、「みのりせんべいの価格改定と新色パッケージ販売」の決定に至る経緯説明があり、今後、新たなチラシの作成を行い、各寺院様や有縁の皆様に発送をもってお知らせする予定であるとの報告がありました。

総会の様子

最後の議題では、役員改選の審議が行われました。立候補者がいなかったため、推薦人数名による候補者の選出が行われ、総会にて田坂英尊会員が新会長に選任されました。今後、新会長のもと新執行部が形成され、備龍会が引き継がれていきます。また、新執行部任期中の2年後には備龍会結成50周年を迎えます。今後の活動に是非ご注目ください!

浄土真宗本願寺派 備後教区 青年僧侶の会=備龍会のウェブサイトです。