ホームページトップ画面変更しました。

備龍会結成40周年を記念して作られた中啓(僧侶が用いる儀式用具)のデザイン画をホームページトップ画面に設定しました。

作画担当:豊田真里沙(とよだまりさ)さん

略歴
1985年 福岡県北九州市生まれ。
大阪芸術大学芸術学部 情報デザイン学科卒業。
京都造形芸術大学大学院 修士課程 修了。

【WORK】
2010年NHK連続テレビ小説『てっぱん』笹井拓郎部屋・絵画制作
2012年NHK連続テレビ小説『純と愛』狩野剛/絵画指導担当
【HP】
http://marisatoyoda.com

無題1 ≪ 定型紙(A4) ≫

作品名 :春音(はるね)
説明文 :お寺の中では 朝夕と鐘の音が響き お香の香りが漂い お経の音や人々の集う声がきこえます。喜びも悲しみもありのままをうけとめてくださる場所。そんな中の一日。春の音を感じていただけたらと思い製作しました。

受け継がれてきた郷土料理「うずみ」

旧府中市内のお寺の報恩講では、江戸時代から福山近隣に伝わる郷土料理「うずみ」が精進料理で振舞われているという情報を得て、府中市の中心地にある明浄寺様をお訪ねすることにしました。

※レポートが遅くなってしまいましたが、実際にお伺いしたのは12月です。

s_IMG_5090[1]

府中駅前の道をまっすぐ行くと、突き当たりにあるのが明浄寺様で、備龍会の16代目の会長がご住職をされているお寺です。

※「報恩講」は浄土真宗の宗祖親鸞聖人の90年のご生涯にわたるご苦労をしのび、ご遺徳を讃え、ご恩報謝する大切な法要です。


途中とても素敵な建物があったので立ち寄ってみました。

s_IMG_5096[1] s_IMG_5099[1]

「恋しき」というチャーミングな名前の建物で、明治5年に創業した料亭旅館を再利用したお食事処とのことです。
府中市はかつて「備後国府」が置かれ、備後国の政治、経済、文化の中心であったこともあり、現在でもこういう奥ゆかしい佇まいの建物を見ることができます。
また、府中市には創業100年を超える企業が60社もあるということからも、その歴史の深さを伺えます。


さらに寄り道をする我々は、アイス屋の老舗「東屋」へ向かいました。
こちらでは神戸や大阪で数年前から話題をよんでいる「インコアイス」を食べてみることにしました。
image3 (1)
image2 (4)

私は「オカメインコ」をチョイスしましたが、他にも、セキセイインコ・コザクラインコ・モモイロインコ・ヨウム・ぶんちょうの全6種類のラインナップがありました。
フタがオカメインコの顔になっていてとっても可愛いです。

商品説明には
「口を開けて寝ていたら、オカメが顔の上を通り抜けて、足が口に入ったような・・・風味」

恐る恐る食べてみます。
中には「ひまわりの種」が入っていて、インコっぽい風味を確かに感じますが、味はかなり美味しい!!
横で自称インコ好きの先輩が「セキセイインコアイス」をニヤニヤして食べているのを「気持ち悪いなぁ」と横目で見ながら美味しくいただきました。
image3 (2)


その後も、実際には寄り道をくり返し府中を満喫した我々でしたが、本来の目的から反れすぎるのでここでは泣く泣く割愛し、お寺へ向かうことにします。

さて、取材陣の府中のイメージといえば、「府中家具」「府中味噌」「府中焼き(お好み焼き)」と大きくこの3つなのですが、明浄寺様のすぐ横には、「浅野味噌」というお味噌屋さん、そしてお寺の左右に「さち」と「古川」というお好み焼き屋(どちらも府中では予約必須の人気店)があるという「これぞ府中!!」という立地条件(残念ながら近所に家具屋はないようですが・・・)。
s_IMG_5086[1]

お土産に浅野味噌で「乾燥みそ(フリーズドライ)」と「府中味噌ラーメン」を買ってみたのですが、これが絶品です。府中に行かれた際にはお土産におススメです。
image2 (3)


また本題から反れてしまいましたが、ようやく明浄寺様に到着し、まずは本堂にお参りさせていただきました。

明浄寺1

綺麗にお荘厳されたお内陣もさることながら、驚かされるのはご本尊の大きさです。
浄土真宗でこれだけ大きなご本尊は珍しいのではないかと思いますが、約160cmあるらしいです。

12369207_427170047475982_755351057300439872_n

美しく彩られたお供物は、ご住職様を中心に型を取るところから手作りというのですから驚きです。


さて、いよいよ本題である「うずみ」についてお伺いをしていきました。
うずみというのは、江戸時代の倹約政治により、贅沢品とされた具材をご飯で隠して食べたのが始まりと言われる料理です。しかし、いつしか贅沢を隠す必要がなくなったからなのか、一般的には作られることがなくなった料理らしいです。
最近でこそ、「B級グルメ」というご当地の郷土料理を競う催しが注目されるようになり、名前を聞くようにもなりましたが、長い間、その存在は隠れていました。

明浄寺様の「精進うずみ」の作り方に明確なレシピというものは存在せず、作り手からまた新しい作り手へと伝授されてきました。

DSC02295

材料には、ごぼう、しいたけ、人参、里芋、銀杏、豆腐、ユリ根、しめじを使います。
左のお皿は完成したあとに添える薬味で、ゆずの皮、せり、ふきのとう、しょうが、ねぎです。

DSC02297
しいたけ・昆布でだしを取り、味付けをした汁で、ごぼう、人参、しいたけを煮ていきます。

DSC02298続いて、里芋、銀杏を投入!

DSC02299最後に豆腐、しめじ、ユリ根をいれます。

DSC02300DSC02301

ずいぶんと大雑把な解説になりましたが、最後にご飯をのせて、具材を隠して完成!!
先に汁を注いでから後でご飯をよそうのが特徴的です。
写真では具材を多めに入れていますが、本来は具材が見えないようにご飯をよそっただけにみせて贅沢しているのを隠して食べる料理だそうです。


味については、美味しいことはもちろんのことですが、この美味しさを文章で伝えることは非常に難しいです。ただ、流行もあり、某所で最近になって急に見かけるようになった「うずみ」とは全く異なる美味しさであるということだけは伝えておきたいです。
それは、まず精進料理ということがあります。そして長く途絶えることなく、この料理を伝え、何十年、何百年と変わることなく、作り守り続けられてきた伝統の味。日ごろは贅沢はできなくても、報恩講のときには、聖人様のご苦労に感謝し、少しでも華やかに厳修したいという先人の願いと、それを受けて今作られている方の思いが詰まった、深い深い味ということです。
深くご恩を喜びながら、有り難くいただきました。


12369006_427885777404409_7723791682876744050_n12392055_427885747404412_2641419440675901901_n

帰るころにはすっかりと日が暮れて、境内では竹で作られた灯篭が夜のお座を華やかに引き立てていました。

お寺はその時代に合わせた取り組みや動きをしなければならないということがあります。しかし、一方で先人たちが守ってきてくださった歴史の重さ、われわれの前に高く法灯をかかげて歩みをすすめてくださった先輩方の思いに心を寄せて、伝統的な部分、守られてきたものをこれからもしっかり伝えていくということも、改めて大切にしていきたいと実感としてかみ締めさせていただきました。

「仏教教養講座」開催します!!

「仏教教養講座」は、宗門内外問わず広く社会で活躍されている方を講師にお招きし、参加費無料の公開講座として、年に一度開催しています。

今年度は、若林眞人先生と、宮部誓雅先生に、親鸞聖人の御生涯を絵で表した御絵伝についてプロジェクターを使い解説いただき、その後、ご法話をいただきます。

どうか皆様お誘い合わせのうえ、ご参加くださいませ。


日時  2016年2月29日(月)13時半より
場所  本願寺備後教堂 2階本堂
〒720-0052 福山東町2-4-5  ℡084-924-5759
講師  大阪教区 中島東組 光照寺 若林眞人 師
大阪教区 島中南組 誓覚寺 宮部誓雅 師
講題  「御絵伝第一幅 法然聖人との出会い」

SnapCrab_NoName_2016-1-29_23-17-38_No-00

 

三原市久井町の光徳寺さまの「声明×雅楽×落語×キャンドルの夕べ」にお参りしました。

10421098_719072784870815_3407594009605494122_n (1)「おてら日和。」の記念すべき第1回は、三原市久井町の光徳寺様へ行ってきました。
私たちが訪れたのは降誕会の法要で、「声明×雅楽×落語×キャンドルの夕べ」をテーマに勤修されます。チラシからも何やら楽しそうな香りが漂ってくるようです。

※降誕会というのは浄土真宗を開かれた親鸞聖人のご誕生をお祝い申しあげる法要です。


山陽自動車道三原久井インターを降りて、車で15分ほど走ると光徳寺様に着きます。

少し早くに着いたので周辺を散策していると、「久井の岩海」という看板を見つけたので立ち寄ってみることにしました。

ダウンロード (5)

地質に関する三原市唯一の国の天然記念物だそうです。

ダウンロード (6)

林道を抜けると、雄大な岩海が広がります。

ダウンロード (7)ダウンロード (8)

森林の爽やかな香りのする、とても静かな場所で、巨岩が重なり合って川のように続く景観は壮大で見ごたえ十分!〝一見の価値あり〟です。


 

岩影に身を潜めながらのかくれんぼに夢中になりすぎた私たち取材陣は、いつの間にか予定時間を超過し、慌てて本来の目的地である光徳寺様へ向かいます。

田園風景が広がる中に大きな阿弥陀様の石像が見えてまいります。

ダウンロード (9)

久井町は豊かな自然に恵まれています。
野鳥のさえずりとカエルの鳴き声が私たちを迎えてくれました。


お寺に入ると門徒接待所でキャンドルのワークショップが開かれていました。
本当はキャンドル作りに参加させていただく予定でしたが、「岩海」でハシャギすぎて時間がなくなってしまったので見学だけです。

子供たちはキャンドル作りに興味津々!
でも実際夢中になっているのは親御さんだったりします。

image12

image2 (2)

写真のチャーミング女の子は、ご住職の長女「よりこちゃん」です。
「わたしはキャンドルの魔術師よ~♪」の掛け声がなんとも可愛らしい。


 

ダウンロード (13)

境内ではキャンドルナイトの準備をされています。
手がけるのはキャンドルアーティストの『CANDLE/FURU』さん。
お話を伺うと、降誕会への参加は今年で3年目ということで、日ごろは広島 呉市広でレストラン経営と、手作りキャンドルの制作&販売をされているということです。
これはぜひ1度行ってみたい!

『CANDLE/FURU』さんのブログ http://ameblo.jp/candle-furu/


まずはご住職に挨拶をしようと、お寺に入るとご住職の藤田徹信様がY字バランスでお出迎えしてくださいました。法要前に柔軟して身体をほぐされるようです。

ダウンロード (14)


法要開始15分前にご住職がお勤めの説明をされます。
ご住職は「備後教区勤式指導員」をされており、分かりやすくいうと、

「備後地方代表、お経や仏事作法のスペシャリストお坊さん!」

いつ聞いても惚れ惚れする美しい声で、参拝者を魅了されます。
今日は「らいはいのうた」という勤行で、そこに雅楽がコラボレーションして華やかに勤まるということで期待が膨らみます。

仏華は、ご住職が、西本願寺・大谷本廟の仏華を立てていらっしゃる開明社「花新」さんより直接学ばれて生けられたものです。
「笠真の松一式」 実にすばらしい!実に大きい!

ダウンロード (15)


法要始まり合図の鐘が鳴り響くと、雅楽奏者が本堂に入ってこられました。

ダウンロード (16)

美しい音色が鳴り響く中、ご住職が入堂されます。

ダウンロード (17)

ご住職の美声が本堂内に響きわたります。

「きーみょーう むーりょーう じゅーにょーらーいー」

「あれ?」

参拝者一同が顔を見合わせます。
なぜならお勤めが「らいはいのうた」ではなく「正信偈」というお勤めではありませんか。
しかし、皆さん別段慌てる様子もなく「正信偈」をご唱和いたします。
お勤めが終わるとご住職が説明に来られました。

「たくさんの皆様にお参りいただき、雅楽の音色に感動しながら、親鸞聖人様のご生涯に思いをよせておりましたら、気がつくと正信偈を称えていました。本当に申し訳ありません。」

参拝者から笑いが起こります。

正信偈は親鸞聖人が著述された書物の一部で、浄土真宗のみ教えを簡潔に示された讃歌です。
降誕会に親鸞聖人に感謝し、思わず正信偈のお勤めが口から出てしまったというご住職の言葉に、参拝者の顔も自然と朗らかになります。
ご住職の優しい人柄、そして、日ごろからご門徒の方とご住職があたたかい関係で結ばれていることが感じられる一幕でもありました。


お勤めが終わると、外も少し薄暗くなり、キャンドルに火が点され美しく浮かびあがります。

ぬくもりのある彩光が境内を包んでいきます。ダウンロード (23)

 

ダウンロード (18)  ダウンロード (20)


本堂では景気の良いお囃子が流れてきました。
落語は、前住職の藤田徹文様が始められてから、今年で18回目を迎えるそうです。

始めは笑福亭喬楽さんの「みかん屋」

ダウンロード (21)

次に笑福亭生喬さんの「三十石」

ダウンロード (22)

若い方から年配の方までお腹を抱えて笑っておられました。
喬楽さん生喬さんのお師匠は6代目笑福亭松喬さんです。光徳寺さまでの落語は、師匠と前住職さまとのご縁から始まり、師匠亡き後もご縁は繋がり今日の席があるとのことでした。なんともありがたいご縁に会わせて頂きました。
落語が終わり、「来年も楽しみにしてますね」とご住職と言葉を交わされ、皆さん、今にもスキップをしそうな雰囲気をかもし出されながら帰られました。


 

厚かましい私たち取材陣は、ご用意くださった手作りレーズンケーキをいただきながら、ご住職との楽しいおしゃべりに移ります。

歓談の中でご住職が、
「久井は自然豊かで、空気は美味しいし、空も青く広く、夜には満天の星が輝きます。〝田舎〟と言ってしまえばそうなのですが(笑)、とても良いところです。
しかし、年々進む過疎化を目の当たりにしておりますと、お寺に自然と人が集うことが難しくなってきていると強く感じます。
お寺は、誰もがそこにいてもいいという拠り所であると思っていただけるように、また、遠くへ出られた方にも〝ふるさと〟のように帰れる場所でありたいと思っています。
お念仏をよろこばれた多くの先人方に感謝しながら、またお法をこれからも伝えていけるように、時代に合わせた新しい取り組みも積極的に行っていきたいです。」
という思いを聞かせていただきました。

このあと落語家さんたちとの食事会をされるということで、私たちにも「ぜひ、ご一緒に!」とお誘いいただきましたが、夜も深くなったので泣く泣くお断りし光徳寺をあとにしました。

さて、次回はどこのお寺でどんな出会いがあるのでしょうか。
これから、備後のお寺が放つ魅力的なところをどんどん紹介していきますので、どうぞお楽しみに!

浄土真宗本願寺派 備後教区 青年僧侶の会=備龍会のウェブサイトです。